頭皮チェックで自分に合ったスカルプシャンプーを選ぼう

自分に合うスカルプシャンプーを選ぶための頭皮チェックについて詳しく解説。

厳選スカルプシャンプー名鑑:本気で生やしたい男のための育毛ガイド(ロゴ)
Menu
厳選スカルプシャンプー名鑑~本気で生やしたい男のための育毛ガイド~ » 育毛MEN講座 » 頭皮チェックで自分に合ったスカルプシャンプーを選ぼう
メンズスカルプケアで注目されている家電を紹介(イメージ)

頭皮チェックで自分に合ったスカルプシャンプーを選ぼう

頭皮の健康を第一に考えて作られているスカルプシャンプー。シャンプー本来の目的である髪や頭皮を洗う役割に加えて、頭皮を守る機能があるのが特徴です。AGA(男性型脱毛症)で悩む人が多い中、スカルプシャンプーは注目を集め、最近ではメーカー各社が様々な商品を発売しています。そのため、一言でスカルプシャンプーといってもその種類は多種多様で、人によっては相性の良し悪しがあるケースも。せっかくスカルプシャンプーを買ったのに効果がなかったというのではがっかりですよね?そうならないための防止策として挙げられるのが「頭皮チェック」です。マイクロスコープで頭皮や毛穴などを拡大した映像などをCMなどで目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、自分に合うスカルプシャンプーを選ぶための頭皮チェックについて詳しく解説。頭皮チェックの方法や頭皮の状態ごとにどのスカルプシャンプーがおすすめなのかなども分かりやすく紹介していくので、興味がある人は参考にしてみてください。

頭皮チェック

頭皮チェック(診断)とは

頭皮

頭皮チェックとは、その名の通り、自分の頭皮の状態をチェックしてもらうこと。では、頭皮チェックはどこでしてもらうことができるのでしょうか?頭皮チェックなどのAGAに関する相談は、病院や専門のクリニックといった医療機関で行うのがおすすめです。

まず病院へ行く場合ですが、目的によってかかる診療科を選ぶようにしましょう。一般的なAGAや頭皮の炎症、肌荒れ、かゆみ、フケなどのなやみを解決したい場合は、皮膚科を受診。頭皮環境の悪化が原因でAGAになっている場合は、皮膚科で内服薬や外用薬を処方してもらうことができます。AGAの原因がうつやストレス、強いショックなどが原因である場合は、精神科の病院へ行くのがおすすめ。心的な原因に心当たりがある場合は、皮膚科ではなく、精神科に行くようにしましょう。

一方、AGA治療を専門に行っているクリニックも頭皮チェックをするのに最適。こちらの場合であれば、内服薬や外服薬などを組み合わせて1人ひとりにあった治療プログラムを組んでもらうことができます。本格的な治療を行う場合は、植毛や栄養分を直接、頭皮に注射してもらうことも可能です。また、このような専門のクリニックであれば無料でカウンセリングをしてもらえるところも多いので、まずは専門のクリニックへ行ってみるのもいいかも知れません。

頭皮チェックをする上で確認するポイントは大きく分けて3つ。1つ目は、頭皮の色です。健康な状態の頭皮であれば、青白い色をしているのですが、寝不足やストレスを抱えている人の頭皮は黄色から赤色、赤茶色、赤黒といった順に変化していきます。赤みがかった頭皮に変色してしまっている場合は、頭皮が乾燥してフケが出やすくなっていることが多いので注意が必要です。

チェックポイントの2つ目は、毛穴から出ている髪の毛の本数。髪の毛の量が多い人は、1つの毛穴から3本ほど髪が生えているのに対し、AGAの人の場合は、1本しか生えていません。しかもその髪の毛の太さも細くなっています。頭皮の毛穴については、皮脂が詰まってしまい、それが原因であるといった話を聞くことがあるかもしれませんが、AGAと毛穴のつまりとは、直接的な関係はないので注意するようにしましょう。

3つ目は、「前頭部、頭頂部」と「側頭部、後頭部」の比較です。AGAで髪の毛が薄くなりやすいのは、前頭部と頭頂部。それに対し、薄くなりにくい側頭部や後頭部の頭皮の状態を比較してみるということです。髪が薄くなったと思って頭頂部をチェックして、側頭部や後頭部よりも髪の毛の量が多いのであれば、それほど心配はいりません。

頭皮タイプにあったスカルプシャンプーを

シャンプー

フケやかゆみがある場合は薬用シャンプー

スカルプシャンプーは、大きく分けて有効成分が配合されているものとそうでないものとに分けることができます。AGAとともに、フケやかゆみなどの症状がある場合は薬用シャンプーを選ぶようにしましょう。薬用シャンプーや医薬部外品のシャンプーという区分に分類されているので、確認してみてください。配合されている有効成分は、成分表の中でも先頭部分に分かりやすく記載されているケースがほとんどです。

一方、フケやかゆみといった症状がなく、頭皮をさっぱりとさせたい人は、有効成分の含まれていないものを選ぶようにしましょう。ただし、頭皮の汚れを落とすために刺激の強い洗浄成分を使われていることが多いので毎日、使用するのはおすすめできません。頭皮のべたつきなどが気になる時にピンポイントで使うようにしましょう。

有効成分は目的に合わせて選択

一言で有効成分といってもその効果はそれぞれです。臭いが気になる人は「イソプロピルメチルフェノール」、べたっとしたフケが気になる人は「ピロクトンオラミン」、かゆみが気になる人は「グリチルリチン酸ジカリウム」といった感じで選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?まずは病院や専門のクリニックへ行って頭皮をチェックし、自分の頭にあったスカルプシャンプーを選ぶようにしましょう。