優秀な頭皮ケアシャンプーを選ぶには?

5つの極意を押さえて正しい頭皮ケアシャンプー選びを。頭皮ケアシャンプーの後悔しない選び方を伝授します。

厳選スカルプシャンプー名鑑:本気で生やしたい男のための育毛ガイド(ロゴ)
Menu
スカルプ・頭皮ケアシャンプーの選び方(イメージ)

スカルプ・頭皮ケア
シャンプーの選び方

選ぶときに見落としてはならないポイントは5つ!

スカルプシャンプーという言葉をテレビや雑誌やインターネット上で頻繁に目に、耳にするようになった昨今。最初はなんのことやら?だったけど、今やヘアケアや薄毛対策のためには不可欠と、常識になっているのが実情です。「それじゃ、そろそろ自分も…」とお考えの方も多いことでしょう。とはいえちょっと、ナゾの部分も。何よりも問題なのは、一種のブームとなってしまっているために類似製品が大量にありすぎ、どれを選ぶのが最善なのかがワカラナイ。選択の余地がありすぎて、むしろ選びにくい状況になっているのですね。ここではそんな悩みを持つあなたのために、スカルプシャンプーを選ぶ際に必須な「極意・五ヶ条」を教えちゃいます!

育毛効果の高い成分が入った
シャンプーを選ぶべし

「毛を生やしたい!」その願いへの最短経路は「成分を知ること」

スカルプシャンプーがここまで社会に受け入れられ、ムーヴメントを引き起こした理由。それはたったひとつの真実に尽きる。頭皮を健康にするため…これでは多少、ホンネからズレる。なぜ人は頭皮を健康にしたいのか?この疑問の行き着く先にこそ、本当の答えがある…何より「髪を生やしたいから」なのだ!その目的を達成することこそ最大の目標であり、これこそがスカルプシャンプー選びにおける選択基準の第一。また、どんな成分が入っており、その成分にはどんな効果や効能があるかを知っておくのも大切。自分の症状に合った成分を選び、より効果的な頭皮およびヘアケアを行う。こういった姿勢でシャンプーを選ぶことがベスト。エキスパートの育毛MENとなるため、成分の知識も豊富に!

育毛効果の高い成分が入ったシャンプーを見てみる

医師が監修した
シャンプーを選ぶべし

薄毛・抜け毛の専門家が作ったシャンプーだから、効果と安全性は抜群!

女性用化粧品の業界は日々激戦。どのメーカーも生き残りのために必死な中、根強い人気を集めているのが「ドクターズコスメ」という医師監修の化粧品類。医学の専門家が認めた「安全性」と「効果」が支持の理由だ。スカルプシャンプーにおいても、医師による監修を受けた「ドクターズシャンプー」が存在するのをご存知だろうか?実際に医療の現場で薄毛に悩む患者さんを多く診療してきたAGA治療の専門医がつくったものなら、ドクターズコスメ同様に高い安全性と信頼性、そして効果を期待できるはずだ。

医師が監修したシャンプーを見てみる

髪の仕上がりの良さにも
注目すべし

ハリとツヤ、滑らかさが毛髪の健康サイン!

年齢を重ねた髪は、パサパサ。なんとなくシナシナした印象があり元気がなさそう。健康的な髪とは端的にいってハリとツヤがあり滑らかなもの。髪のハリ、ツヤ、滑らかさを保つことは生活の中で受ける摩擦や刺激から守る効果を本来持ちます。ハリ、ツヤ、滑らかさの3点を守れるシャンプーを選ぶことが、髪の健康を維持することにつながるのです。注意するべきなのは、ある種のシャンプーは髪をゴワゴワにさせて一見ボリュームアップしたように錯覚させるタイプのモノも。このような商品は強い洗浄力で毛髪の脂分を奪うので、頭皮へも大きくダメージを与えます。シャンプーを選ぶ際には、仕上がりの良さに十分気を配ってほしいですね。

髪の仕上がりが良いシャンプーを見てみる

ボトルデザインにも
こだわるべし

レジに持っていけない、彼女や家族にばれたくない…ならばデザインで選べ!

気恥ずかしさとプライドが邪魔をして、なかなかスカルプシャンプーを購入できない。レジカウンターに向かうはずの足が、ハタと止まってしまうこと、ありますよね。そんなあなたは、ボトルデザインをひとつの基準にして選ぶのがおすすめ。この頃ではそうした消費者心理を気づかい、パッと見ただけではスカルプシャンプーとは判別できない商品も増えています。また、個人的に好みのデザインを選ぶのも精神衛生的に良い効果を与えるとの研究結果が出ています。照れや恥ずかしさを押し隠すストレスも育毛の敵。だからこそ使う本人が安心できるデザインや好みの色や形の商品を選ぶのも有効なのです。ストレス撃退の一歩目はボトルデザインから!

ボトルデザインの優れたシャンプーを見てみる

コストパフォーマンスの良い
シャンプーを選ぶべし

継続は力なり。毎日続けられるシャンプーを選ぼう。

サプリメントにしても同様ですが、日常的に継続して使えることが効果を生むためには重要。まさに継続は力であり、コストパフォーマンスの悪い高価すぎるモノは継続しづらいデメリットを持ちます。コストを気にする心がストレスになってしまったら、これこそ元も子もないお話になっちゃいますし。効果維持と実感のためにも、毎日使える手頃なシャンプーを選ぶのが肝心。

「安い」じゃない。「効果があって安い」が本当の意味でのコストパフォーマンス。

とはいえ「安物買いの銭失い」という言葉もあり、安いからといって安易に手を出すのもどうか。結局のところそもそも求めるのは顕著な効果。つまりはコスト面での満足と効果における満足を両立しなければ、よいシャンプーとは呼べないわけです。効果があって、しかも手頃なお値段。そんなシャンプーを選ぶことこそベストといえます。

コストパフォーマンスの良いシャンプーを見てみる

スカルプシャンプー選び よくある質問:結局どっちなの!?

ネット広告を初めとする媒体やブログ、ツイッターやフェイスブック。こうした情報源にアクセスすると「あーでもない、こーでもない」。スカルプシャンプーについても諸々の商品があり、諸説まで色々あって「結局どうなの?どっちなの?」と言いたくなることってありますよね。ここでは、そんなあなたのモヤモヤした疑問の数々に答えを出し、解決します!

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー、どっちが良いの?

ノンシリコンで「髪や頭皮を保護する成分」が入っているものを選ぶべし

シリコンとは?

現在市販されているシャンプーの大半には、シリコンと呼ばれる成分が含まれています。シリコンは毛髪表面を覆うキューティクルを、さらにその上からコーティングする作用を持っており、髪の手触りを良くしてツヤを出すなどの効果があります。もっともコーティングするといってもその目的は、ほとんど表面上の効果を考慮したもの。髪を補修したり、浸透して保湿するような効果は持っていない。

※シリコンと呼ばれる成分例:ジメチコン、シロキサン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン、シリル化ケラチン、ヒートケラチン、ジメチコンクロスポリマー、ジメチコノール、ジメチコンポリオール

シリコンシャンプーのデメリット

シリコンには手触りの良さやツヤを出すといったメリットがあります。が、デメリットをも持ち合わせているのがひとつ難点。シリコンという物質は非常に吸着力が強いため、よく洗い流さないと頭皮に残り、かゆみ、フケ、毛穴のつまりの原因になるのです。俗にいう“シャンプーぶけ”が、これに該当しますね。

もう一方のデメリットが、手触りやツヤを出してくれる物質のため徐々に進行していく髪や頭皮のダメージに気づきにくく、知らぬうちに進行を招いてしまうことです。さらにシャンプーやブラッシングでシリコンがはがれるとき、髪のキューティクルも一緒にはがれてしまうことも。コーティングしてくれるのはいいですが、コートする力が強すぎても困るわけです。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

シリコンを含まないシャンプーにも、むろんデメリットがあります。シャンプーにシリコンを含有させていること自体が、そもそもメリットがあるからこそ。シリコンが完全に悪者というわけではありません。

ノンシリコンであることのデメリットとは、髪をコーティングする物質を排除していることになり、言ってみれば刺激や摩擦といったものからノーガードの状態になります。この状態で高温のドライヤーで熱風を当てたりコテで挟んだり、あるいはパーマをあてたりすれば、髪は顕著なダメージを受けてしまうのです。シリコンの活躍があってこそ、髪型も自由自在に操れるわけですね。

髪や頭皮を保護する成分が入っているシャンプーを選ぼう!

こういった理由から、シリコンはデメリットとメリットの双方を持つ表裏一体の成分だとおわかりになると思います。あって悪いものではなく、よく洗い落とすことでマイナス点を克服することも可能といえるかも。といっても、やはりデメリットがあるなら積極的には使いたくないもの。そこで考えるべきなのは、シリコンの替わりに髪や頭皮を保護できる成分が含まれている、そんなシャンプーを探し求めること。解決策は、ここにあります。

»シリコンなしでもツヤツヤ髪になるシャンプーを見てみる

洗浄力は強い方が良いの?弱い方が良いの?

「お肌に優しく」「適度な洗浄力」が大事!
洗浄力だけでなく肌への刺激を考えて。

汚れを落とす能力が高い。これはシャンプーのみでなく、洗剤全般に求められる必須の効果効能。しかしことシャンプーに関していえば、あまりに高い洗浄力はマイナスになるケースも。高すぎる洗浄力は必要程度の皮脂をも洗い流してしまい、お肌のトラブルを招く原因になりかねません。とはいえ逆に弱すぎれば、地肌の清潔を保てません。

非常に悩ましいところですが、洗浄力の高さについては「強すぎず弱すぎず、適度であること」をベストと考えるべきでしょう。また、洗浄力という軸だけでなく「肌への刺激」という軸でも考える必要があります。刺激の強いシャンプーは毛髪や頭皮に余計な負担を与えてしまいます。

»肌に優しく適度な力の洗浄成分って? 詳しく見る