フケはなぜできる?原因と対処法を解説!

厳選スカルプシャンプー名鑑:本気で生やしたい男のための育毛ガイド(ロゴ)
Menu

気になるフケの原因と対策は?

男性にとって、どうしても気になる頭皮の問題の一つ「フケ」。自分の頭にフケを見つけてしまうと、「不潔なのかな?」と思ってしまったり、頭皮環境の悪化を連想してしまったりと、大きな悩みになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような悩みを解決していくため、まずはフケの原因を知り、効果的な対策法を試していきましょう。

そもそもフケとは?

ずばり、フケの正体は頭皮から出る垢です。身体は新陳代謝を繰り返していますが、頭皮もまた、古くなった皮や角質が、新しく生まれ変わっているのです。ただし、新陳代謝そのものが、気になるほどのフケを発生させているわけではありません。新陳代謝が何らかの原因で「順調に行われていない」「阻害されてしまっている」ときに、垢=フケが発生するのです。

また、フケはその発生原因の違いによって、「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類に分けられます。乾性フケとは、白い粉がバラバラと散らばるように発生しているフケのこと。一方、脂性フケとは、頭皮を指でさわったときに、指や爪に付着するような、べとついたフケのことです。

いずれのフケも、自分の頭にみつけてしまうと気になるもの。では、それらの原因について、詳しくみていきましょう。

フケの原因①:頭皮の乾燥

まずは、「乾性フケ」の原因をみてみましょう。このタイプのフケの大きな原因は、「頭皮の乾燥」と言われています。乾燥した頭皮は、かゆみや頭皮のダメージとなり、フケの発生を引き起こしてしまうのです。

また、頭皮の乾燥自体にも、考えられる原因はいくつかあります。例えば、「シャンプーのやりすぎ」もそのひとつ。シャンプーのやりすぎで頭皮が過剰に洗い流されてしまうと、頭皮の大事な働きである保湿機能が失われてしまうのです。

頭皮へダメージを与えてしまう要因としてあげられるものには、「ブラッシング」もあります。ブラッシングのしすぎでダメージを受けた頭皮は乾燥しやすく、そのまま剥がれ落ちて垢=フケになるのです。その他にも頭皮の乾燥は、アトピー性皮膚炎や花粉症、冬場の乾燥などによっても引き起こされます。

フケの原因②:皮脂汚れ、菌などの増殖

次に、「脂性フケ」の原因をみてみましょう。湿っていたり、べとついた感じのフケが多く発生するなら、その原因は「皮脂汚れ」にある可能性が高いです。ワックスをはじめとする整髪料の使用が原因になることが多く、頭髪がどこか脂っぽくなりやすい方は、脂性フケも多い傾向にあります。

また、髪への直接的なアプローチだけに限らず、日頃の生活習慣も皮脂汚れに大きく影響します。脂っぽい食事が多かったり、栄養バランスが偏っていると、皮脂の分泌量が多くなり、皮脂汚れの原因になりやすいのです。重ねて注意したいことが、シャンプーのやりすぎです。皮脂量が多いと、ついついシャンプーをやりすぎてしまいがちですが、前述したようにフケ発生の悪循環になってしまいます。

また「脂性フケ」の原因が、「マラセチア菌」という菌の増殖にあることも珍しくありません。マラセチア菌とは、頭皮の常在菌のひとつですが、皮脂を栄養分にしているため、皮脂汚れが増えるにともなって、増殖してしまうのです。さらに、頭皮の炎症の原因となる「遊離脂肪酸」という酸も発生させるため、皮脂汚れが増えれば増えるほど、頭皮の炎症やかゆみを引き起こし、フケの原因になってしまうのです。

「フケの量」はどのような原因で異なる?

フケが多いか、少ないかは、個人の体質によっても大きく異なってきます。そのほか、前述したように「シャンプーのやりすぎ」「油っぽい食事」「食生活の乱れ」などのほか、日常的に睡眠不足が続いている方や日頃強いストレスを感じている方も、身体の新陳代謝の乱れを引き起こすため、フケが多く発生してしまいがちです。

気になるフケには、どのような対策ができる?

「最近、フケの量が多いな」「注意してケアしているのに、フケが出てくるな」と気になっている方は、既にフケ症になっている可能性があります。フケの効果的な対策は、原因に基づいて行うことがイチバン。既に述べたように、頭皮の乾燥を防ぎながら皮脂量を抑えていくことが、フケ対策の基本になります。それでは、そのようなフケへの対策手段について、具体的にみていきましょう。

シャンプーは1日1回まで

シャンプーのやりすぎはフケの原因のひとつだと紹介しました。フケ対策には適切な頻度のシャンプーが大切です。基本的な目安として、シャンプーは1日1回で十分です。同じ日に何度もシャンプーを行うと、頭皮が乾燥してしまい、フケの原因になります。また、乾燥を防ぐために皮脂が分泌されやすくなるため、脂性フケの原因にもなるのです。例えば、夜だけでなく朝もシャワーを浴びる人であれば、シャンプーは朝か夜のどちらかだけでOK。シャンプーを使わないときは、お湯で頭部をすすぐだけに留めておきましょう。

シャンプーは正しい洗い方で

フケ対策で大事なことは、毎日のシャンプーを「正しい洗い方」で行うことです。間違った髪の洗い方をしていると、脂性・乾性、いずれのフケでも発生の原因になってしまいます。とはいっても、正しいシャンプーの方法を知っている方は、意外と少ないのではないでしょうか。

何といってもまずは、シャンプーを使う前にしっかりと髪を水洗いすること。髪を洗うのは古い角質や頭皮の汚れなどを洗浄して、不必要なフケを防ぐためでもありますが、お湯だけで充分に髪を洗えれば、それだけで汚れの80%は落とせていると言われるほど。シャワーの水温については、38度前後がベストな温度だと言われています。40度を超える熱めのお湯では、必要な皮脂も流してしまうため、水温設定は気をつけましょう。もちろん、頭皮にダメージを与えるような、ガシガシと強い洗い方はNGですよ。

次にシャンプーですが、薬液はすぐに頭につけるのではなく、手のひらで充分に泡だててからつけるようにしましょう。泡だてた泡は、後頭部から前頭部に向かってなじませていきます。後ろから前に向かって洗うことが、正しい洗い方のポイントです。さらに注意したいことが、髪の毛を洗う以上に、頭皮をしっかりと洗ってあげるイメージで洗浄すること。洗浄を行う指は、爪を使う感じではなく、指のお腹で頭皮をマッサージするように洗ってあげましょう。そもそもシャンプーの目的とは、頭皮をケアすることです。単なる汚れ落としの洗髪は、お湯だけでも十分できるので、優しく丁寧に頭皮をマッサージしてあげる感覚でシャンプーは行うようにしましょう。

すすぎは、泡が残らないよう入念に。実は、すすぎこそシャンプーにおいて一番大切なポイントであり、長い時間をかけて行いたいものになります。その時間は、シャンプーを使う時間よりも長くて良いほど。すすぎ残しがあれば、皮脂の余計な分泌だけでなく、頭皮のニオイの原因にもなります。入念に行うようにしましょう。

シャワーからあがったら、自然乾燥ではなく、必ずドライヤーを使用して髪をしっかりと乾かしてあげるようにしましょう。

アミノ酸系シャンプーを使ってみよう

シャンプーの洗い方はもちろん、使用するシャンプーについても、自分の肌に合ったものを使うことが、フケ対策にはとても重要です。特に、シャンプーに含まれている洗浄成分のなかには、フケ対策においては気を付けるべきものも。洗浄力が強すぎれば、必要な皮脂まで落としてしまい、フケが発生する原因になってしまいます。

市販のシャンプーに含まれてることが多い「シリコン」成分についても注意が必要です。シリコン成分は、髪の毛の艶をコーディングしながらサラサラの手触りにしてくれますが、同時に頭皮の細胞や毛穴に詰まってしまい、頭皮環境の悪化を引き起こしてしまうこともあります。「シャンプーが合わないな」と感じている方は、一度ノンシリコンのシャンプーを試してみましょう。あらためて使用しているシャンプーの成分表をチェックしてみることがおすすめです。

フケ対策には「アミノ酸系」のシャプーを使ってみることも効果が期待できます。アミノ酸系のシャンプーは頭皮の汚れを優しく洗浄してくれるだけでなく、頭皮のケアにも役立ちます。必要な皮脂も頭皮に残ってくれるため、頭皮の乾燥対策にも効果が期待できることでしょう。

生活習慣の見直しもフケ対策に

正しい洗い方に改善したり、自分の肌に合ったシャンプーに変えてみるだけでも、フケ対策には効果が期待できるもの。しかし、フケの原因になっているものが「生活習慣」であれば、まずは日頃の生活の見直しが最優先で重要になります。頭皮にもやさしい生活習慣を心がけていきましょう。

例えば、頭皮にやさしい食生活を心がけるなら、まずは油っぽい食事を制限することからはじめましょう。特に、脂性フケが気になっている方は、カロリーや糖分が高い食事に偏っている可能性があります。このような食事は、余計な皮脂の分泌を促し、フケの原因になってしまいます。脂っこいものは控えて、大豆食品や鶏肉、魚といった身体づくりの材料となるタンパク質を取り入れていくように心がけましょう。また、頭皮にやさしい食事には、ミネラルやビタミンを食事に取り入れることも大切。これらは栄養サプリメントで補うこともできるので、日頃の食事でなかなか摂取しづらいと感じる方は、そのようなサプリメントに頼ってみることも一つの手段です。

良い睡眠と適度な運動も心がけよう!

また、生活習慣の改善には睡眠や適度な運動も必要です。睡眠について言えば、頭皮環境と睡眠は非常に密接につながっています。寝不足だったり、就寝環境がリラックスできない状態で睡眠の質が低いといった場合、頭皮の新陳代謝が阻害されてしまうのです。このように、睡眠不足もまた、フケの原因の一つとなるのです。

睡眠と頭皮環境の関係性については、頭皮の角質が生まれ変わる時間帯を知っておくといいでしょう。頭皮の角質の生まれ変わりが行われる時間帯は、夜の22時から26時のあいだ。通常、多くの方が就寝しているこの時間帯に頭皮の生まれ変わりは行われるため、可能な限り、この時間帯は睡眠をとっておきたいところですね。

また「運動不足かも」という方は、フケ対策の一環としても、ぜひ適度な運動にチャレンジしてみましょう。身体を動かすことは新陳代謝を活発にさせるため、健康な頭皮の生まれ変わりが期待でき、フケ対策にも効果が見込めます。

「仕事にストレスを感じて、ついつい生活まで乱れがち。」という悩みにも、適度な運動は効果的です。もちろん、運動に限らず全体的に生活習慣を見直すことが、フケ対策においては重要になります。「運動がどうしてもできない」と言う方は、その他の自分に合った方法でストレス解消を試みてみるといいでしょう。

整髪料はほどほどに

オシャレはもちろん、仕事でもワックスをはじめとした整髪料を使わなければならないシーンはあるでしょう。整髪料を使うことがすぐにフケの原因になるわけではありませんが、「最近フケの量が多いなあ」と気になるときは整髪料の使用は控えた方がよいでしょう。整髪料が頭皮の毛穴をつまらせてしまい、頭皮環境を悪化させてしまう可能性があるからです。また、整髪料を使用する際は、全体的にではなく、髪の毛の毛先につけたり、できるだけ頭皮につかないように工夫することがポイントです。

どうしても改善しないならクリニックへ

上記のようなフケ対策でも悩みが改善できないようであれば、クリニックを受診してみましょう。フケの悩みで病院に行くことは想像しづらいかもしれませんが、専門の医師に相談することで、薬を処方してもらえたり、自分の体質にあわせたシャンプーを紹介してもらえます。フケとあわせて頭皮の痒みにも悩んでいる方は、頭皮が炎症を起こしている可能性もあります。自分で解決できないようなら、皮膚科でチェックしてもらうようにしましょう。

まとめ:育毛環境の改善もフケ対策になる

フケの原因を考えるフケ対策は、「頭皮の乾燥を防ぐこと」と「皮脂量を抑えること」が基本です。シャンプーは自分の肌に合ったもので、1日1回の頻度が目安。また、爪を立ててガシガシと洗うのではなく、指の平で頭皮をマッサージするように洗うことがポイントです。

また、脂っこい食生活を改善する。睡眠時間を十分に確保する。といった生活習慣の見直しも大切です。できることから、ぜひ自分にあったフケ対策を行っていきましょう。

フケだけに限らず、抜け毛や薄毛の悩みがある方にとっても、フケ対策を実践することは「育毛環境」を整えるうえで重要な手段でもあります。上記のような対策は、頭皮の問題全般において効果が期待できる対策法でもあります。その他の問題でお悩みの方もぜひ実践してみてください。

本サイトでは、「育毛シャンプー」についても、口コミ評判を交えて徹底的に比較しています。育毛シャンプーについても、ぜひ参考にしてみてくださいね。